ホームアクトリーグ情報 > アクトリーグ概要
アクトリーグの概要
アクトリーグとは?

2006年10月。
全く新しい「演劇」と、全く新しい「スポーツ」が同時に誕生しました。
その名は『アクトリーグ』。

アクトリーグは演じる技術を競い合う、日本初の俳優によるプロリーグです。
現在、日本国内の俳優志望者が約25万人と言われる中で、実際にメディアで活躍している俳優は約1%程度。アクトリーグは、十分に活かされていない俳優たちの可能性を引き出し、そのスキルを伸ばす目的で設立されました。

現在、関東関西あわせて9チームが、日本一の座をかけて1年間のリーグを闘い抜きます。競う種目は3分×4話で創りだされる「即興のステージ」。

この12分間のステージで俳優達が「選手」となり、己の「技」をぶつけ合いながら闘います。また、アクトリーグの面白さは俳優だけではなく監督の「采配」 による「チームの戦略」も見所のひとつです。この「即興」の舞台を審査員の方の採点でポイント化し、順位をつけていきます。

アクトリーグのルール
ルール解説

各チーム1人の監督と4名か5名の選手で構成されます。

3分間の即興を4回行い、合計12分間で1つの物語を作り上げます。最初のステージ「起」のお題はお客様から。「承」「転」「結」のお題は各チームの監督が出します。また各ステージの人選も監督が決定します。

勝敗の決め手は、いかに質の良い物語を作り上げるか?コントではなく、真剣に役者の技術が試される場です。
また、役者だけでなく、音響と照明も即興で行っています。

詳しいルール解説はこちら

アクトリーグの理念

アクトリーグは、世界中の俳優および俳優を目指す全ての人たちに平等なチャンスを与え、映画、演劇に続く第3のエンタテインメントを目指すものです。

ルールは、3分×4ステージというシンプルなもの。
その空間の中で、何を演じても良いし、何を表現しても良い。
全ては「自由」なのです。

私たちは、世界中の全ての俳優、俳優を目指す人たちに門戸を開いています。何ひとつ制約するものはありません。

最高のプレイヤー(俳優)が何の制約にも阻まれず集える場であること。
最高の観客と感動をシェアすること。
最高の競争の場であること。

この3つを常に念頭において、私たちはアクトリーグを世界中の人々とシェアしていきたいと考えております。

PAGE TOP
当サイトに掲載されている文章・画像・写真などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) ACT LEAGUE. All Rights Reserved.