ホーム観戦ガイド > 用語解説

用語解説

アクトリーグ用語を覚えて、楽しもう!

アクトリーグを楽しむ上で、以下の用語を抑えておくとより試合を楽しむ事ができます。

テーマ→お題とも言う。このテーマに沿って物語を創る
キャスティング→監督が各ストーリーで誰を舞台にあげるか決める事
(パスを)出す(投げる)
(パスを)拾う
(パスを)繋げる
(パスを)見逃す(見送る、スルー)
壊す
チームプレイ
個人技

アクトリーグは筋書きのない「即興」のストーリーです。
これを成立させる為には各チームのチームワークが必須となります。

まず、物語を創る為に選手が他の選手へ「パスを出します。」
それを他の選手が「拾い」、さらにそれを「繋げて」物語は発展していきます。

これが基本の「チームプレイ」です。
しかし、必ずしもこの通りに行くとは限りません。
時にはパスを「見逃す」選手もいます。
受け取ったのにそれをわざわざ「壊す」選手もいます。
これは、本当に失敗の場合もありますが、選手達がストーリーをより高度なモノにする為にわざとやる場合もあります。
よくストーリーを破綻、または破壊させる選手は「破壊神」などと呼ばれたりもします。

また、基本はチームプレイが原則なのですが、時には一人でストーリーを回す「個人技」をみせる選手も現れます。
これも、ストーリーをより面白くする為の繋ぎとして活用したりします。

選手達はパスを出すのが上手いタイプ、拾うのが上手いタイプ、繋ぐのが上手いタイプ、壊し屋、個人技選手など様々なタイプが存在します。
この選手達のバランスをとり、どういう配置にするかを決めるのが監督の重要な役割となります。

選手達がどういった働きをしているのかに注目して試合をみると、より面白さが広がります。

PAGE TOP
当サイトに掲載されている文章・画像・写真などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) ACT LEAGUE. All Rights Reserved.